ぺんぎん村での日々

イラスト・写真・ゲームを中心とした日々

【感想】ひろゆきのメンタル術『自分は自分、バカはバカ。』を読んで

ひろゆき西村博之)氏の最新刊『自分は自分、バカはバカ。 他人に振り回されない一人勝ちメンタル術』を読んだ。

 

 

2019年の3月から『このままだと、日本に未来はないよね。』『これからを生きるための無敵のお金の話』と、ひろゆき氏の本の出版が続いていましたが、この2作に比べて、本のまとまりとしては、今回発売された本が一番良いなと感じた。

 

ひろゆき氏は自身で公言しているように、自分で書いているのは「あとがき」だけで、他の部分は、編集者がひろゆき氏の発言をまとめたような形になっている。(今回の本は、「あとがき」はなく、特別付録『ストレスフリーでいるために僕が「しないこと」リスト』になっている。)

 

そのため、内容は、過去作やYoutubeでの配信で話している内容と重複しているので、今回の本は、ひろゆき氏の本を読んでなかった人やYoutubeでの配信を見ていなかった人は読んでもいいかなと思う。

 どんな本?

「一人勝ちメンタル」を手に入れる、ひろゆき氏のテクニック22を紹介した本。

内容としては、

はじめに 「自分は自分、バカはバカ」で、人生はうまくいく

序章 「自分だけがトクする」領域は広がり続けている

第1章 バカに振り回されない戦略的コミュニケーション術

第2章 厄介なヤツを味方につけるストレスフリーの仕事術

第3章 「他人の目」をスルーするスキル

第4章 自分の「資産価値」を上げるメンタル術

第5章 周りがどうなろうと「ノーダメージの個人」になれる

特別付録 ストレスフリーでいるために僕が「しないこと」リスト

 

となっている。

この本のポイント

目的として、「自分のメンタルをうまくコントロールし、気分良く日々の生活を送る」があり、そのために「自分の取扱説明書を作る」というのがポイントであると思った。

f:id:drawdraw:20190414124855p:plain


「自分の取扱説明書を作る」という話は、第三章の「イヤなことを引きずらない「自分トリセツ」の作り方」で紹介されている。「自分の取扱説明書を作る」とは、あらかじめ自分の対処方法・ルールを決めておくのだ。

すべての出来事は「自分の思い通りになること」と「自分の思い通りにならないこと」に分けられる。イヤな気持ちになってしまうのは、自分の思い通りになると思っていたことが自分の思い通りにならずストレスを感じてしまうからである。「自分の思い通りになること」については自分の対処法を考えて、実行すればよい。やるべきことをやったのであれば、それ以外はどうしようもないと割り切ればよい。

一方、「自分の思い通りにならないこと」は、気にしても時間の無駄である。例えば、明日に雨が降るかどうかを思い通りにすることはできないし、気にしても仕方がない。雨が降った場合と降らなかった場合で、「自分の思い通りになること」の対処方法を考えればよいのである。

自分が気に入ったポイント

「いかにお金を使わずに幸せを感じるか」というところだ。本書の最後にも書いてある「舌を肥やすな、飯がまずくなるぞ」という言葉がヒントになると思う。これは、「普通にしていれば幸せだと感じることを、そう感じれなくなる」ということだ。

f:id:drawdraw:20190414124924p:plain

 そもそも、幸せという感覚は、人間の進化の過程で必須の感覚ではない。すべての生物は「繁栄」することを目指して、環境の変化に適用してきた。遺伝子を次の世代に渡すことができれば、手段は何でもよいので、個人が感じる幸福や不幸は達成されても、されなくてもどちらでもよかったのではないかと思う。

 幸せという感覚は、他人から決められるものでなく、自分が感じるものである。だから、自分の幸せという感覚を持ち続ける工夫やルールを、自分で試行錯誤しながら地道に見つけていくしかないなと感じた。

 

 

おすすめ記事

「論破力」ひろゆきの名言とクリティカル思考について考えたこと - ぺんぎん村での日々

【読書感想】運ゲーで運を運用して勝つ方法 働き方完全無双 ひろゆき(西村博之) - ぺんぎん村での日々

【読書感想】ひろゆき「論破力」 議論はゲーム (西村博之) - ぺんぎん村での日々

【読書感想】ストレスフリーな生き方を目指して 『無敵の思考 誰でもトクする人になれるコスパ最強の21のルール』 ひろゆき(西村博之) - ぺんぎん村での日々

 

スポンサードリンク