ぺんぎん村での日々

イラスト・写真・ゲームを中心とした日々

【朝早起き】二度寝せずに一度で起きるための方法・コツを考えてみた

朝、早起きして、いい一日のスタートを切りたい。早起きは、一度習慣化できれば、比較的早く起きることもそこまで大変でない。

f:id:drawdraw:20181203123500j:plain

しかし、急に早起きしようとしてもなかなか起きることができない。アラームなどで起きようと思った時間に目を覚ましても、二度寝してしまう。そこで、二度寝を防ぎつつ、決めた時間(早朝5時)に起きる方法をいろいろ実践してみた。

 

以下が、試した方法である。

 

スマホのアラーム

色々な方法を試す前に好かっていたのが音によって目を覚まさせる、ごくごく普通のアラームである。スヌーズ機能もあるが、これがよくない。「あと5分だけ」とスヌーズに頼って二度寝してしまう。スヌーズに頼ってしまうクセも生まれてしまい、スヌーズを使うのは、あまりよくないように思える。この方法だけではダメそうなので、次の方法を試してみた。

f:id:drawdraw:20181217170836p:plain

 

Pixel Stand

Pixel3を使っており、ワイアレス充電器「Pixel Stand」も使っている。このPixel Standには、目覚ましディスプレイという機能がある。目覚ましディスプレイとは、アラームをセットした時間の15 分間から、画面が日の出のように色づく機能である。

「部屋が明るくなり、自然に目が覚めるようになる」と宣伝しているが、起床を促すほど明るくなるわけではない。フォトフレームや急速ワイアレス充電器としては、非常にいいが、光目覚まし的な使い方はあまりお勧めできない。

Pixel Stand を使い新しい Pixel 3を体験 - Pixel Phone ヘルプ

それに価格も9504円(税込)とワイヤレス充電器としては高め。

 

睡眠アプリ「Sleep Cycle」

睡眠には、浅い睡眠であるレム睡眠と深い睡眠であるノンレム睡眠が交互にくるという周期がある。浅い睡眠のタイミングで目覚めることができれば、スッキリ起きられる。それを可能にするのが、睡眠アプリである。睡眠アプリの仕組みとしては、寝返りなどの体の揺れを加速度センサーで感知し、眠りのデータを収集する。そしてアラームを設定した時刻の30分前からアラームを設定した時刻(例えば、5時にアラームを設定したら、4時30分から5時)のうちで、浅い眠りになっているときにアラームが鳴るのである。

私が今使っているのは、「Sleep Cycle」というアプリである。

f:id:drawdraw:20190210100359j:plain

Sleep Cycle alarm clock

Sleep Cycle alarm clock

  • Sleep Cycle AB
  • ヘルスケア/フィットネス
  • 無料

 このアプリを使うことで、使用前よりも格段に起きやすくなったと感じるが、起床後は少しぼーっとしてしまう。さらに起床後すぐに活動できる方法を考えてみた。

 

光目覚まし

ヒトは光で目を覚ます生き物だそうだ。視界に明るい光が入ってくると「セロトニン」という覚醒物質が分泌され、目を覚ます。つまり、光を利用した目覚ましがいいのではないか、と考えた。そこで、光目覚ましというものを買ってみた。

私が買ったのは、「フィリップス ・ウェイクアップライト Philips Wake-Up Light HF3520」である。

 機能としては、設定した起床時刻の20~40分前(時間はお好みで調整可能)から、徐々に日の出のような光で目覚ましが光るというものだ。この目覚ましと、睡眠アプリを組み合わせると、格段に起きやすくなった。

ちなみに、私の場合、目が覚めたとき、周りがオレンジっぽく明るいので、今の時刻が夕方のような感覚に陥る。周りがオレンジっぽいのは、自分の記憶の中で、朝方よりも夕方の印象が強いからそうなるのかもしれない。

また、アマゾンで購入しようとすると多くの類似商品もある。しかし、多くのモノは、光目覚まし風の間接照明のようなので、それほど光が強くないようなので注意が必要。

 

リモコン付き照明

さらに光を利用した目覚ましの方法として、リモコン付き照明を考え、照明をリモコン式(NEC LEDシーリングライト LIFELED'S 調光タイプ)に変えてみた。

 方法としては、睡眠アプリおよび光目覚ましで起床した後に、枕元に置いてあるリモコンですぐに部屋の明かりをつけるのだ。そうすることで、二度寝しようとしても周りが明るすぎて、寝ることが難しくなり、二度寝せずに起きられる。

 

ゲーム

睡眠アプリを使って自分の睡眠の履歴を確認すると、寝る前にゲームをするとかなり寝つきが悪くなっていることに気づいた。逆に、起床後にゲームをすれば、さらに目覚めがよくなるのではないかと思った。実際に枕元にニンテンドースイッチを置いて、起床後すぐに5分程度ゲームをやってみた。すると、徐々に目が覚めてきて、二度寝をしようという思いがなくなってくる。それに私はゲームが好きなので、早起きしようとするモチベーションにもなり、かなりよい。デメリットとしては、起床後にゲームをやり続けてしまうリスクがあることだ。

f:id:drawdraw:20181217171130p:plain

ちなみに、今はスマブラSPの一人用モードを起床後にやっており、勝ち抜け対戦は全キャラクター分もうそろそろ終わりそうだ。ということで、1プレイが5分程度で終わる携帯ゲーム機のゲームソフトを探しており、おすすめのソフトがあれば教えていただけると幸いです。

大乱闘スマッシュブラザーズ SPECIAL - Switch

大乱闘スマッシュブラザーズ SPECIAL - Switch

 

 

 

おすすめ記事

【読書感想】運ゲーで運を運用して勝つ方法 働き方完全無双 ひろゆき(西村博之) - ぺんぎん村での日々

【読書感想】ストレスフリーな生き方を目指して 『無敵の思考 誰でもトクする人になれるコスパ最強の21のルール』 ひろゆき(西村博之) - ぺんぎん村での日々 

【読書感想】『人生は、運よりも実力よりも「勘違いさせる力」で決まっている』を読んだ - ぺんぎん村での日々

スポンサードリンク