ぺんぎん村での日々

イラスト・写真・ゲームを中心とした日々

論理的に考えるためにー縦の論理と横の論理ー

論理的に考える訓練をするために

『ロジカル・プレゼンテーションー自分の考えを効率的に伝える戦略コンサルタントの「提案の技術」』

ロジカル・プレゼンテーション――自分の考えを効果的に伝える戦略コンサルタントの「提案の技術」
 

を読んだので、内容をまとめておく。

スポンサードリンク

 

どんな本か

提案を成功に導くための技術を明らかにした本。

提案という切り口で以下の4つの点を整理している。

 

論理的思考力ー話をつなぐスキル

仮説検証力ー疑問に答えるスキル

会議設計力ー議論をまとめるスキル

資料作成力ー紙に落とすスキル

 

 

今回は、特に基本となる「論理的に考えること」についてまとめておく。

 

論理的に考えるとは?

この本では、論理的とは、話がつながっていることである。

話のつながりには、縦の論理と横の論理がある。

縦の論理とは、誰が見ても因果関係が理解できる状態である。

AならばBというのが誰から見ても正しいと言える状態にあることを示すことである。

一方で、横の論理とは、誰から見ても全体がカバーされていて、漏れもダブりもない状態のことである。

 

そして、縦の論理と横の論理があいまいになると、

相手に話が伝わらない。

話が伝わらない、相手が納得しない反応としては2種類ある。

 

「本当にそうなのか?」

「それだけなのか?」

 

である。

f:id:drawdraw:20160507095342j:plain

「本当にそうなのか?」

縦の論理が繋がっている状態とは、

誰が見ても A ならば B が成り立っている状態である。

 

縦の論理がつながらない3つの原因は?

経験や思い込みで勝手な前提条件を作っている

違うものを同じにして議論している

たまたま発生したものを必ず起こると言っている

ことが挙げられる。

 

「それだけなのか?」

横の論理が繋がっている状態とは、
全体が正しく定義されていて、漏れもダブりもない状態である。
世の中の事象は、複雑であり、

モノの見方には様々な見方が存在する。

そのため、物事の見方の抽象度のレベルをそろえて議論しなくてはならない。

物事の見方の抽象度のレベルをそろえた後、

「全体」を考える。

 

最後に

何事に対しても

「本当にそうなのか?」
「それだけなのか?」
と問いかけてみる。

クセにしないと身につかない。

 

「縦の論理と横の論理は、論理的に考えるために必要な方法である。」

この主張に対しても、

「本当にそうなのか?」
「それだけなのか?」
と問いかけてみる。

 

おすすめ記事

【読書感想】運ゲーで運を運用して勝つ方法 働き方完全無双 ひろゆき(西村博之) - ぺんぎん村での日々

【読書感想】ストレスフリーな生き方を目指して 『無敵の思考 誰でもトクする人になれるコスパ最強の21のルール』 ひろゆき(西村博之) - ぺんぎん村での日々 

【読書感想】『人生は、運よりも実力よりも「勘違いさせる力」で決まっている』を読んだ - ぺんぎん村での日々

スポンサードリンク