ぺんぎん村での日々

イラスト・写真・ゲームを中心とした日々

男性と女性の考え方の違い『男女脳戦略。』男女の違いに基づいた人間の心理

人の考え方のタイプを見分けるための本として

『男女脳戦略。』(メンタリストDaiGo)が

よさそうだったので読んでみた。

 

男女脳戦略。

男女脳戦略。

 

 

 

どんな本?

生物学的、脳科学的、心理学的に研究されている男女の違いに基づいて

人間の心理を考えた本。

男女脳戦略とは、相手が男性脳的か女性脳的かどちらの傾向が強いかを見極めて

相手への対応を柔軟に変えていくことである。



自分にとっては、以下の2点が重要であると感じた。

 

モデルを立てて理解すること

自分と逆の人の思考のクセを理解すること

 

後で詳しく述べる。

f:id:drawdraw:20181217165007p:plain

 

スポンサードリンク

 

この本の構成と各ポイント

序章 男女脳の違いとは何か?

男女脳は生物学的に違いが存在する。

その違いとは、

左右の脳をつないで情報をやり取りする橋渡しの役割をする「脳梁」の機能の違いである。

女性の方が男性よりも右脳と左脳の連絡がスムーズで、左右の脳をバランスよく使えているという研究報告がある。

 

その結果、男女の脳の連結の違いは、以下の基本的な行動や考え方の違いとしてあらわれる。

 

1.競争と共感

2.モノタスクとマルチタスク

3.論理型と感情型

4.最終思考と拡散思考

5.自己完結と自己関連

第1章 男女脳の見抜き方

何気ない行動から、脳のタイプを見分ける方法を示す。

片付け、好きな色、会話の仕方など日常のちょっとした行動を、

上の1から5の観点で整理していくと、

男女脳のタイプが推測できるというもの。

 

第2章 女性脳・男性脳に合わせた伝え方

相手の脳のタイプを見抜いて、それにあった「伝え方」をするという話。

褒め方、セールス、プレゼン、コミュニケーションなどの

場面においてどういう行動を取るべきかを示す。

 

第3章 自分と違う異性脳の考え方を身に着ける

自分の逆の脳タイプの特性を知ってその発想を理解すること。

すれ違いのない男女のコミュニケーションが取れるためのワークを紹介している。

 

気になったポイント

モデルを立てて理解すること

この本では、生物学・脳科学・心理学上の男女の脳の構造の違いに注目して、

大きく男性脳と女性脳に分けて、人を分析する方法を紹介している。

相手のちょっとした動作から、

「この人は男性脳的なパターンで行動する人ではないか」

と仮説を立てて考えてみること、そして観察を続けて検証すること。

もし間違っていれば、修正していくこと。

 

これは、以前に書いた

「無敵の思考 誰でもトクする人になれるコスパ最強の21のルール:ひろゆき西村博之)」でも似たようなことを書いた。 

drawdraw.hatenablog.com

 そこでは、

何事も最初は「仮説」を立てる。
少ない情報の中から
「こういう考え方や見方をすると、こういう答えが出る」
「これとこれをつなぎ合わせると、こういう情報になる」
といった自分なりのルールを作り出していく。

ルールに従って生きていく中で、

その仮説を検証し、
「違うな」と思ったら
その都度、そのルール=仮説を変更していく。

 

当然であるが、男性脳・女性脳の人間がすべての行動において男性脳・女性脳らしい行動をとるとは限らない。

分析する際には、その人はどちらの傾向が強いかを考えていくことが重要である。

 

自分と逆の人の思考のクセを理解すること

自分もやりがちなのだが、

他人も自分と同じ前提でモノを考えていると思ってしまいがちである。

この本でも示されているように、

そもそも、モノに対する見方も人によって全く異なるのである。

 

少なくとも、男性脳的思考と女性脳的思考の2パターンあるという風に考えると、

相手がどういう人か見分けて、

相手の主張を理解し、

自分の表現を相手が受け取りやすい(理解しやすい)表現にすることが重要だと感じることができる。

 

おすすめ記事

【読書感想】運ゲーで運を運用して勝つ方法 働き方完全無双 ひろゆき(西村博之) - ぺんぎん村での日々

 

【読書感想】ストレスフリーな生き方を目指して 『無敵の思考 誰でもトクする人になれるコスパ最強の21のルール』 ひろゆき(西村博之) - ぺんぎん村での日々

 

【読書感想】『人生は、運よりも実力よりも「勘違いさせる力」で決まっている』を読んだ - ぺんぎん村での日々

スポンサードリンク