ぺんぎん村での日々

イラスト・写真・ゲームを中心とした日々

ゲームは子供に本当に悪影響か?ーデータで覆す『「学力」の経済学』ー

教育評論家や子育ての専門家と呼ばれる人たちの中には、

次のような主張をする人がいる。

 

ご褒美で釣っては「いけない」

褒め育てはしたほうが「よい」

ゲームをすると「暴力的になる」

 

しかし、上の主張は、基本的には個人的な経験に基づいていおり、

なぜ正しいのかという説明が十分になされていない。

 

『「学力」の経済学』では、

データに基づき次のように結論付けている。

 

ご褒美で釣っては「よい」
褒め育てはしては「いけない」
ゲームをすると「暴力的にならない」

この他にも思い込みで正しいと思っていた教育方法が

実は正しくないことが示されていく。

「学力」の経済学

「学力」の経済学

 

スポンサードリンク

 

 

どんな本?

 

一言でいうと、

『教育にエビデンスを』

という主張の本。

 

たった一人の個人的な経験に基づく方法論ではない。

重要なのは、個人の体験を大量に観察することで見出される規則性である。

 

教育分野でも、治験で行われているように、

ある教育方法を適用したグループとそうでないグループを比較することで、

科学的な根拠を作ることが重要である。

 

この本の構成と各ポイント

1. 教育で実験する

他人の”成功体験”は我が子にも活かせるのか?データは個人の経験に勝る

誰かの成功体験や主観に基づく話ではなく、科学的根拠に基づく教育を行う

 

2. データに基づく子育て

子供は”ご褒美”で釣ってはいけないのか?科学的根拠に基づく子育て

 

ご褒美で釣っては「よい」

ご褒美の設計の仕方が重要である

ご褒美は、「具体的な行動」に対して「すぐに」与えること。

褒め育てはした方が「いけない」

一般に、子どもを褒めるのは、子供の自尊心を高めると言われている。

自尊心が高まれば、意欲が高まり、学力が向上するという定説があった。

しかし、1999年のフォーサイス教授らの研究によって、

学生の自尊心を高めるような介入は、

学生の成績を決して良くすることはないことが示された。

特に注目すべきポイントは、悪い成績を取った学生に対して自尊心を高めるような介入を行うと、悪い成績を取ったという事実を反省する機会を奪うだけでなく、自分に対して根拠のない自信を持った人になってしまうのだ。

ゲームをすると「暴力的にならない」

テレビやゲームそのものが子供たちにもたらす不能が効果は大きくない。

テレビを止めさせても学習時間ほとんど増えない

子供は1日1時間程度ゲームをしたりすることで息抜きをするは問題ない

f:id:drawdraw:20181217171130p:plain

3. 勉強より大切なこと

”勉強”が本当にそんなに大切なのか?人生の成功に重要な非認知能力

非認知能力とは、IQテストや学力テストなどで計測される認知能力とは違い、

「我慢強い」「意欲的である」などの人間の気質や性格に関わる特徴のようなものである。

 

学歴・年収などの子どもの人生の成功に影響し、教育やトレーニングによって鍛えることができる重要な非認知能力は、

「自制心」と「やり抜く力」

である。

 

4. 日本の教育政策

”少人数学級”には効果があるのか?科学根拠なき日本の教育政策

少人数授業は、確かに学力を向上させる因果効果はあるが、

他の政策に比べると、費用対効果が低い。

日本の財政状況がよくない中、

「少人数授業にすればきめ細かい指導ができる」のような

何の根拠もない思い込みで、政策を決定してはならない。

 

5. 教員の質

”いい先生”とはどんな先生なのか?日本の教育に欠けている教員の「質」という概念

教員の質を向上させる方法をめぐって現在も様々議論がある。

海外における研究蓄積を見る限り、

「給料を上げる」「研修を受けさせる」「免許制度を撤廃する」

という三つの選択肢の中では

教員免許制度を変更し、能力が高い人が教員になることの参入障壁を低くすることが有効であると考えられる。

具体的な案は多くない状況ではあるが驚異の子の式評価教員採用試験の共通化教員免許の国家資格か教員研修のさらなる充実などが提案されているがデータが欠けている

 

6. 教育における実験方法

ランダム化比較試験についてはこの本が読みやすい。

 

データ分析の力 因果関係に迫る思考法 (光文社新書)

データ分析の力 因果関係に迫る思考法 (光文社新書)

 

 

気になったポイントは?

「自制心」と「やり抜く力」の鍛え方

この本で紹介されている方法としては、

「自制心」は、筋肉のように継続と反復を意識して鍛えるとよいと言われている。

筋トレでは少しずつ負荷を増やしていくように、自制心を鍛える際にも、

自分をコントロールできるところから少しずつ自制していくことが重要である。
また、「細かく計画を立てて、記録し、達成度を自分で管理すること」が有効であるという研究報告も多い。

「レコーディングダイエット」はまさにそれで、

自制心も鍛えられたため、さらに自制心も鍛えられたため、多くの人がダイエットに成功したと考えられる。

 

「やり抜く力」を伸ばすためには、

「自分の能力は生まれつきのものではなく、

努力によって後天的に伸ばすことができる」と信じることである。

自分の能力が生まれつきのものであると考えると、

失敗した際にどうしようもなくなってしまう。

一方、努力で能力を向上させることができると信じていれば、

失敗しても、次にとるべき行動や戦略を考え、挑戦できる。

 

「自制心」と「やり抜く力」を鍛えるという目的をもってやれば
遊びでも運動でもゲームでも音楽でも何でもよい。

 

「やり抜く力」に関しては、

プロゲーマーの梅原大吾さんの考え方が参考になる。

勝ち続ける意志力 (小学館101新書)

勝ち続ける意志力 (小学館101新書)

 




 

おすすめ記事

【読書感想】運ゲーで運を運用して勝つ方法 働き方完全無双 ひろゆき(西村博之) - ぺんぎん村での日々

【読書感想】ストレスフリーな生き方を目指して 『無敵の思考 誰でもトクする人になれるコスパ最強の21のルール』 ひろゆき(西村博之) - ぺんぎん村での日々 

【読書感想】『人生は、運よりも実力よりも「勘違いさせる力」で決まっている』を読んだ - ぺんぎん村での日々

スポンサードリンク