ぺんぎん村での日々

イラスト・写真・ゲームを中心とした日々

【読書感想】ひろゆき「論破力」 議論はゲーム (西村博之)

ひろゆき氏の新刊

『論破力』を読みました。

その概要と感想・レビューをまとめます。

 

 

論破力 (朝日新書)

論破力 (朝日新書)

 

 

 

どんな本?


議論とは、意見とその理由(根拠となる事実など)で構成され、
論破することは、その意見付き理由の正しさを示すことである。
たしかに、意見とその理由は、議論を構成する重要な要素ではあるが、
論破するにはそれ以上に重要なことがある。
それを、ひろゆき氏らしく、ゆるく説明した本である。

 

また、論破するだけでなく、論破する意味、論破した後のことも述べる。
例えば、第5章「ああ論破したい!!こんなときどうする!?ひろゆきのお悩み相談室」では、
より具体的な日々の状況を想定してどうすべきかを考える。
例えば、
「本題からはずれて、過去の話で攻撃してきた」
「目上の人が事実と違うことで非難してきた」
「自分だけに当たりが強い人がいる」など、
ありがちな状況で、ひろゆき氏ならどうするかを述べている。

 

他にも、論破しても恨まれない方法、
ウソつきを見抜く質問術、
議論はエンタメであり、ゲームだと思え!など
それらの答えの背景にあるのは、
「人生楽しく生きようぜ」
というひろゆき氏の価値観がある。

 

スポンサードリンク

 

 

この本のポイント

 

議論を見ている人たちを説得せよ


論破できるかどうかは、

「説得力のある話し方」ができるかどうかにかかっている。

f:id:drawdraw:20181014151722j:plain


議論の勝敗を決めるのは、議論をしている人ではなく、
議論を見ている人であるからである。


たとえば、会議では、社長や部長など決定権のある人が議論を見て、
その人が納得すればよいのである。

 

話している論理や事実がしっかりしていることだけでなく、
論破する上で最も重要なことは、


議論を見ている人たちが
「こいつは正しいことを言っている」
という印象を与えることなのである。

 

人の思考のパターンを見抜け


説得するためには、議論を見ている人がどんな人かを理解すること。
議論を見ている人が、どんな考え方のパターンを持った人で、
どんなことに価値を感じる人かを見抜くことが、
論破を判定する人を説得する上で重要である。

f:id:drawdraw:20181014151738j:plain

そのためには、その人との会話の中で、
その人がどういう風に考えるかというモデルを作っていくことである。

 

論破するには、事実を語れ


ひろゆきが意識している話し方として、
「こういう事実があります」という事実ベースの話をしていることが多い。
事実を覆すことはかなり難しいため、反論されにくいのだ。

f:id:drawdraw:20181014151750j:plain

例えば、「白のカラスがいる」という事実を言ったときに、
「カラスは全部黒だろ」と反論するのは難しい。
なぜなら、白のカラスは存在するから。
アルビノによって先天的に白いカラスの動画や画像を見せれば、論破である。

 

議論とは「理由→結論」で示される。
私が思うに、
・意見と事実を分けること。
・理由は根拠としての事実は正しいか
・推論の仕方は妥当か
を意識して話すことが重要だと思う。

 

 

論破の先にあるものを考える


人生がうまくいくことが一番重要なのであって、
論破はあくまで、そのための手段に過ぎないことを意識しておく。
その場で論破することで、
「論破したい」という自分の感情は満たされるかもしれないが、
それと引き換えに、失われるものもある。

f:id:drawdraw:20181014151803j:plain

たとえば、夫婦でけんかをしたときに、
論破して正しいことをその場で言ったとしても、
その場の自分の「論破したい」という感情は満たすことができるかもしれないが、
その後、論破されたことを根に持たれて、ひどい目にあわされるかもしれない。

 

 

おすすめの章は?


第5章「ああ論破したい!!こんなときどうする!?ひろゆきのお悩み相談室」
自分なりにどうするか考えてみて、
ひろゆき氏の考え方と比較してみると、
自分の思考のクセ見えてくる。
また、友人など他の人に「自分ならどうする?」と聞いて、
考え方の違いを楽しむのもよい。

 

おすすめ記事

「論破力」ひろゆきの名言とクリティカル思考について考えたこと - ぺんぎん村での日々

 

【読書感想】運ゲーで運を運用して勝つ方法 働き方完全無双 ひろゆき(西村博之) - ぺんぎん村での日々

 

【読書感想】ストレスフリーな生き方を目指して 『無敵の思考 誰でもトクする人になれるコスパ最強の21のルール』 ひろゆき(西村博之) - ぺんぎん村での日々

 

【読書感想】『人生は、運よりも実力よりも「勘違いさせる力」で決まっている』を読んだ - ぺんぎん村での日々

 

スポンサードリンク