読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ぺんぎん村での日々

イラスト・写真・ゲームを中心とした日々

東大二次試験の日に受験生でない私が試験会場に潜入した話

はじめに

本日2017年2月25日、そして明日2月26日は、
東京大学の二次試験の日である。

 

東京大学の二次試験は、
基本的には、
文系が駒場キャンパス、
理系が本郷キャンパス
(理科3類は本郷キャンパスの隣の弥生キャンパス)
で行われる。

こんな感じ。(本郷キャンパス

f:id:drawdraw:20170225171235j:plain

 

弥生キャンパス

f:id:drawdraw:20170225171331j:plain

 

受験生は自分のベストを尽くせば、
結果がどうであれ、自分が納得できるはず。
試験でベストを尽くせるように、
試験当日の流れを把握しておき、
余計なことを考えないようにすることが重要である。

しかし、試験の日には、
基本的には受験生しか入れないので、
受験当日に試験会場がどうなっているのか、
という情報についてはなかなか知るのが難しい。

そこで、今回、
試験会場に潜入し、その状況を報告することで、
東京大学の二次試験当日の雰囲気や試験会場が一体どういう感じなのか
などのイメージをつかんでもらえれば幸いである。

 

 

入場

受験生の入場は朝8時からになる。

 

私は朝7時頃に本郷キャンパスに向かったが、
正門前にすでに予備校関係者などが列をなしていた
この時間には受験生はさすがにいないようだった。

f:id:drawdraw:20170225171424j:plain

 

受験生が集まっている時間に正門にいることが出来なかったが、
私が受験生だったころの話などを基にその様子を書いてみる。

 

正門は、東大の運動部、応援部、報道関係者、予備校関係者などが大勢集まり、
東大入試のお祭り感が出ている。


しかし、例年多くの受験生が正門から入場するため、
入場するのにかなりの時間を要し、なかなか大変である。


私が数年前に受験した際には、
赤門から正門まで受験生の列ができていたそうだ。
この列には、当然ながら受験生のみしか並ぶことができないので、
親など受験生を見送る方は駅などで見送った方が無難かもしれない。

 

一方、正門から離れた、キャンパスの端に龍岡門という門がある。

f:id:drawdraw:20170225171951j:plain

龍岡門は本郷キャンパスで唯一24時間開放されている門で、
深夜実験終わりに帰るとき、早朝キャンパスに入るとき
などによくお世話になる門である。

この龍岡門は、入試当日も入場門のひとつとなっている。

f:id:drawdraw:20170225171523j:plain

私が受験生だったときは、龍岡門から入場したが、
こちらは正門とは異なり、人が圧倒的に少ない。
私の記憶では、そもそも列ができていなかったと思う。 

 

したがって、入場に時間をかけたくない受験生は、
龍岡門からの入場をおすすめする。

 

 

試験中のキャンパス内の様子

東京大学の試験は以下のスケジュールで行われる。

 

2017年2月25日(土)

文類
国語 9:30~12:00 (150分)
数学 14:00~15:40 (100分)

理類
国語 9:30~11:10 (100分)
数学 14:00~16:30 (150分)


2017年2月26日(日)

文類
地理歴史 9:30~12:00 (150分)
外国語 14:00~16:00 (120分)

理類
理科 9:30~12:00 (150分)
外国語 14:00~16:00 (120分)

 


さて、試験中のキャンパス内の様子だが、
人がいない


受験生は試験をしているので、当然いない。

そして、そもそも2月下旬という時期は、
修士論文卒業論文などの発表も終わり、
キャンパスに来る在学生が少ない。

ということで、人がいない
人がいない中、キャンパス内を散歩することにした。

 

試験会場。

f:id:drawdraw:20170225172852j:plain

これは工学部2号館。
改修工事を終えており、
本郷キャンパス内では、比較的きれいな建物である。
ここで試験を受けることができた人はちょっとうらやましい。

 

医学部入試会場。

f:id:drawdraw:20170225172938j:plain

医学部入試会場だが、受験生は医学部を受験するわけではない。

医学部にあたる理科3類の受験生は、

この本郷キャンパスの隣(東大前駅からすぐ)のところにある

弥生キャンパスで試験を受けている。

 

ほかの受験会場の様子。

f:id:drawdraw:20170225173252j:plain

 

 

 

安田講堂

f:id:drawdraw:20170225173436j:plain

 

人がいない。

きれいな写真を撮ることが出来る数少ないチャンスだったように思う。

 

安田講堂前には臨時トイレが設置されていた。

f:id:drawdraw:20170225173636j:plain

トイレは混みがちなので、いけるときに行った方が無難。

 

三四郎池の様子。

f:id:drawdraw:20170225174416j:plain

 水位が下がっていてどことなく寂しい。

 

 

赤門の様子も見に行った。

それにしても人が少ない。

f:id:drawdraw:20170225173726j:plain

 

赤門到着。

f:id:drawdraw:20170225173841j:plain

赤門は、入場門にはなっていないので注意。

ただし、試験開始前の入場に関して入場できないだけで、

昼休みには赤門から出入りできる。

 

 

試験後の様子

試験用紙の回収、整理、確認などで、
試験終了後、約20分待たされることになる。 

 

例えば、本郷キャンパスは理系の受験生が受けているので、

それに合わせて書くと、
9時30分に一つ目の試験である国語の試験が開始。
11時10分に試験が終わるのだが、
11時30分まで試験会場から出ることが出来ない。

 

この20分は結構ヒマである。
何もすることが出来ないので、ひたすら待つのみである。

 

 

昼休みおよび昼食

試験と試験との間の休み時間が長いことも

二次試験の特徴である。

 

特に試験初日の理系は、
国語が11時10分に終わり、
次の試験である数学が始まるのが、
14時なのである。


つまり、2時間50分もの時間が休み時間になる。
(試験終了後20分は拘束され、
試験開始前には着席していないといけないので、
完全に自由な休み時間は2時間20分くらい)

 

この休み時間に何をするのか、
事前に決めておかないと、
ヒマを持て余す。
やることは事前に決めておこう。

 

昼食をどのようにとるか。
次の試験に備えてしっかり休むのか。
次の試験科目の最終確認をするのか。
など、決めておいた方が絶対によい。


まずやることは、昼食をとることだろう。
昼休みに昼食をとる場合、
食堂は開いていないので注意が必要である。

f:id:drawdraw:20170225174538j:plain

 

キャンパス内で何かを買った食べたい場合は、
中央食堂の隣にある大学生協は開いているので、
そこで昼食を買うこともできる。

f:id:drawdraw:20170225174707j:plain


また、その近くにあるローソンでも昼食を買うことが出来る。

 

 

キャンパス外で昼食をとる場合は、
受験票を持っていけば、キャンパス外にも出ることが出来る。

キャンパス外でのランチのおすすめは、
・食堂もり川(定食屋)
・美味しい屋(中華料理)
・一番餃子(中華料理)
などである。

これらの店は、正門から近いこと、
値段と量もよいこと、
などから、東大生もよく使っている店である。

昼休みに何もすることがなく、暇なのであれば、
こういう店に行って昼食をとってみるのもよいかもしれない。

 

さて、実際の昼休みの様子だが、こんな感じ。

f:id:drawdraw:20170225174808j:plain

f:id:drawdraw:20170225174908j:plain

f:id:drawdraw:20170225174828j:plain

f:id:drawdraw:20170225174849j:plain

進学校の受験生っぽいは、
友達と話し込んでいる様子の人が多い印象だった。

 

 

1日目の終わりとその後

 

昼休みが終わり、

数学の試験が始まる。

数学の試験が終わると、

国語同様、20分間待たされることになる。

それが終われば、一日目の試験は終了である。

 

二日目も微妙にスケジュールが違うだけで、

基本は同じである。

 

受験生は今の自分にできることに集中して、

ベストを尽くすのみ。

結果はおのずとついてくるはず。

 

以上、
東大二次試験の日に受験生でない私が試験会場に潜入した話
でした。

 

まとめ

・試験でベストを尽くせるよう、試験当日の流れを把握しておく

・入場は正門でなく、裏門(龍岡門)から入る

・試験終了後は約20分待たされてヒマ

・昼休みに何をするか決めておく

 

 

 

おすすめ記事 

「なぜ」という質問には答えることができない!? - ぺんぎん村での日々

【おすすめ】『ゼルダの伝説名作ランキング』を作ってみた - ぺんぎん村での日々

質問集ー自問自答して考えを深める - ぺんぎん村での日々

 絵がうまい・画力が高い(と私が思う)漫画家ランキング ベスト11をまとめてみた - ぺんぎん村での日々