ぺんぎん村での日々

イラスト・写真・ゲームを中心とした日々

【メインレッスン終了】【パート16】WiiUじっくり絵心教室 応用コース レッスン4「胸像」

今回で、WiiUじっくり絵心教室の応用コースのメインレッスも終わり!最後のレッスンは、肖像画です。題材は、古典彫刻。イメージはこんな感じ。

f:id:drawdraw:20151031121129j:plain

(これは以前に3DS新絵心教室で描いた作品。下の記事に載っています。)

drawdraw.hatenablog.com

今回の題材は、白だけの配色なので、純粋に形だけに集中できます。

ということで、今回描いた作品を。

f:id:drawdraw:20151205103621j:plain

制作過程の動画。

 

この絵を描くステップ

 

ステップ1. 比較計測という技法を使って顔をスケッチする

比較計測は、正確な比率をとらえるときに役立つ技法。こういう感じのイメージ。

f:id:drawdraw:20151205100221j:plain

今回は目の大きさを基準にして描く。鼻筋と目の幅が同じであることが分かる。この技法を使って補助線を描く。

次に顔のパーツの配置を考える。アタマの半分よりやや上に目の線を配置して、目とあごの中間に鼻の根元を配置する。鼻の根元とあごの中間に、口の線を配置する。

その後、影の部分を描く。顔を単純に面として描くことで、どの部分が光に向き、どの部分が光に向いていないかが分かる。

f:id:drawdraw:20151205100924j:plain

これによって、あごの下、顔の右側、鼻の周りの暗い部分の形を描く。

 

 

ステップ2. 絵に形状を出す

前回のステップで描いた補助線の中を濃い黒色で描きいれる。

その後、サッピツを使ってぼかす。はっきりとした縁は形状の急激な変化を表し、ぼかした縁はなめらかな変化を表すことに注意する。

f:id:drawdraw:20151205101730j:plain

 

 

ステップ3. 顔に中間の暗さの色と、細かい部分を足す

顔に中間の色を足す。一番明るい部分まで描きいれないように注意する。

今度は中間の暗さを暗い色の方へぼかす。色調をなじませて、グラデーションを作る。

そして、顔のパーツを描く。顔の細かい部分を描くときは、形状に影響を与える構造を知っておくことが重要となる。目を描くときは、眼球と目が入っている穴の形に注意し、鼻と口を描くときは、骨と筋肉の構造を観察する。

f:id:drawdraw:20151205102112j:plain

影の部分には、太い線を使い、中間の暗さが入っている部分には、ハッチングをして立体感を出す。

 

 

ステップ4. 主なハイライトを加える

チョークを使って明るい部分をはっきりさせる。

次にサッピツを使ってハイライトをぼかし、グラデーションを作る。

細いチョークでくっきりとしたハイライトを描く。

 

 

ステップ5. 背景を仕上げる

顔の明るい部分の後ろに、暗い背景を加える。これによって、石膏像デッサンの明暗が表現される。最後に、背景をなじませて胸像の縁をぼかす。

 

以上で完成です!

肖像画のポイントは、比較計測などを用いて測定と観察をじっくりすることですね。

 

 

以上で、今回のレッスンは終わり!!

ということで、応用コース完了!!!

f:id:drawdraw:20151205102804j:plain

ミニレッスンはまだ受けていませんが…(笑)

次回からは、じっくり絵心教室のミニレッスンを進めながら、アナログで「人を描くのって楽しいね!」をやっていきつつ、オリジナルの作品も描いていきたいですね。4コマ漫画などにも挑戦したいですね。

人を描くのって楽しいね!―マンガのための人物デッサン― (廣済堂マンガ工房)

人を描くのって楽しいね!―マンガのための人物デッサン― (廣済堂マンガ工房)

 

 

じっくり絵心教室のまとめ

 

最初の作品

次回の作品

 

前回の作品