読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ぺんぎん村での日々

イラスト・写真・ゲームを中心とした日々

【パート14】WiiUじっくり絵心教室 応用コースレッスン2「ネコ」

WiiU じっくり絵心教室

今回は、WiiUじっくり絵心教室の応用コースレッスン2をやっていきます。

動物画がテーマで、描いた作品がこちら。

「ネコ」

f:id:drawdraw:20151128223531j:plain

制作過程の動画

 

なんか目力が強い感じがする…

 

この絵を描くステップ

 

ステップ1. 姿勢や動きを表す線と補助線をスケッチする

まず、画像のように姿勢を表す線を描く

f:id:drawdraw:20151128223901j:plain

f:id:drawdraw:20151128223924j:plain

次に体のボリュームを出すために、補助線を描く。

f:id:drawdraw:20151128224114j:plain

その後、体のラインと補助線にしたがって、輪郭線を描き、体のパーツを描く。描き終えたら、必要のない補助線などは消しておく。

 

ステップ2. 体の構造を考えながら毛皮を塗る

まず、中間の暗さから始めて、立体感を出していく。

f:id:drawdraw:20151128224610j:plain

灰色の毛皮を短い筆遣いで塗っていく。ついでに背景の影も加える。のちの明暗差を出す際に役に立つ。あとは、HB、2B、4B、6Bと徐々に鉛筆の濃さを濃くしていきながら、毛皮を塗っていく。こうすることで、きれいなグラデーションを作ることができる。注意すべきなのは、濃いところのみに色をのせること。特に肩の部分をていねいに塗ることで、体の構造がしっかりと感じられる絵が仕上がる。

 

ステップ3. 色をぼかして細かい部分が目立つようにする

サッピツを使いぼかしを加え、柔らかいグラデーションを出す。次に細かい部分を描く。ネコの顔を描く際は、鉛筆を立てて描く。次は、毛皮を描き込んでいく。毛皮の向きに沿って短い筆遣いで線を描きいれることに注意。

 

ステップ4. 明るい色味を追加して明暗差を出す

まずは、灰色の線を全体的に優しく消し、毛皮をよりリアルな見た目にする。その後、白鉛筆で光が当たっているとことを塗る。最後に白鉛筆を立てて、細かい部分を描き込む。

 

以上で今回のレッスンは終了です。

次回は、応用コースのレッスン3の風景画「庭園」を描きます。

 

drawdraw.hatenablog.com

 前回の作品

drawdraw.hatenablog.com

 前々回の作品

drawdraw.hatenablog.com