ぺんぎん村での日々

イラスト・写真・ゲームを中心とした日々

【パート1】WiiUじっくり絵心教室のレッスンで絵の練習をした結果「トマト」

WiiU「じっくり絵心教室」でレッスンをやってみました。

描いたものを載せておきます。動画もYouTubeにアップロードしました。20秒で制作過程が見れる早送り版です。

 

1つ目は、入門レッスンの「トマト」

f:id:drawdraw:20151112001522j:plain

 

この作品を描くステップ

この作品は、パステルで描かれています。

ステップ1. トマトの輪郭をスケッチする

トマトの輪郭は真ん丸ではなく、上の方はでこぼこで下は平ら。グリッドを使って描く。

 

ステップ2. トマトの赤い部分を塗る

立体感を出すために、形が分かるようにする。そのために、赤い部分に暗い色と明るい色を足す(色調の変化をつける)。トマトの形に沿ってふんわりとした曲線を描く。トマトの皮は、周囲の光を反射する。反射光を表現するために、トマトの底にオレンジ色のパステルを使う。上の凸凹にも使う。

 

ステップ3. ヘタの部分を塗る

ヘタの緑色は、明るい色と暗い色の2つに分けて塗っていく。塗るときは、光がどちら側から当たっているかということやどこが影になっているかを考える。トマトの底と影が接している部分にも暗い緑色で線を入れる。明るい緑色を塗るコツは、暗い緑色の上に少し重ねて塗ること。

 

ステップ4. 絵をなじませハイライトを加える

ものの質感を表現するためには、光がどのように反射しているかを見ることが、とても重要。光が強く反射して白っぽくなっている部分であるハイライトを加える。サッピツで色をなじませる。まず、ハイライトのふちをぼやかした後、トマトの実やヘタの色をなじませる。仕上げに、ハイライトに白色を加える。混じりけのない白はとても目を引く。使いすぎると目立ちすぎて逆効果。

以上で基本レッスンの入門レッスンは終わりです。

おまけとして、フリーペイントで描いた作品を載せておきます。

f:id:drawdraw:20151113103738j:plain

ゼルダの伝説ムジュラの仮面のスタルキッドを描いてみました。

昔に鉛筆で描いたものをリメイクしました。その時よりもうまくなったかな?

もっとフリーペイントでいろんな作品も描いていきたいですね。

 

じっくり絵心教室

じっくり絵心教室

 

 

drawdraw.hatenablog.com