ぺんぎん村での日々

イラスト・写真・ゲームを中心とした日々

【パート10】3DS 新絵心教室でさらに絵の練習して上達をめざしてみた

 残すところ、3DS新絵心教室」の応用レッスンも、今回を含めて2回…。

そして、今週の木曜日には、WiiU「じっくり絵心教室」が発売されます!

それまでには、必ず、「新絵心教室」を終わらせてみせるっ…。

 

さて、今回は、7回目となる応用レッスン。

今回の作品はこれ!

「ロンドン塔」

f:id:drawdraw:20151107212711j:plain

小さい方が雰囲気がよいので、小さくしてみます笑

f:id:drawdraw:20151107212711j:plain

これも前回同様、微妙な出来…。

 

この絵を描くステップ

 

ステップ1.下地を塗ろう

暗い青色で下地を塗る。

 

ステップ2.スケッチしよう

メインの塔の輪郭線を描く。茶色がかった灰色を使う。

シンプルな形を組み合わせて手前の壁をスケッチする。

 

ステップ3.塗りつぶしていこう

明るい青色で空を塗る。木の部分は塗らないで残す。

スケッチの際に使った色を再利用して、塔の明るい壁を塗る。あまり厚く塗りすぎない方が壁の質感を表現しやすい。

手前の壁を塗る。奥の建物が少し青く見えるように手前の壁には少し暖かみのある色を使う。

木を描いていく。少ない絵の具の量で、点描画風に隙間を残しながら塗る。

 

ステップ4.ドームの丸みを表現しよう

塔のてっぺんにある丸いドームの下地を暗い色で塗る。

ドームにハイライトを入れる。ドームの形に沿うように絵筆を動かし、隙間を残して質感を出す。

 

ステップ5.ディテールを描こう

空の色を使って、屋上の壁の凸凹を仕上げる。

暗い青色の影を仕上げていく。

手前の壁と奥の塔に、少し明るめの茶色い影を足す。

 

ステップ6.ハイライトを足そう

暗い青色でドームのハイライトに使った色を使って、日陰になっている壁にハイライトを描き足していく。

日の当たっている壁にハイライトを描き足す。

 

ステップ7.葉っぱを描こう

暖かみのある秋っぽい茶色を使ってたたくように葉っぱを描く。

黄緑色を使って、葉を完成させる。いろんな方向にタッチして描く。

 

ステップ8.仕上げをしよう

混ぜて作った暗い色で窓を描く。

絵が平坦にならないように控えめに。

 

 

ビンス先生からのアドバイス

 

建物の描き方

入門コースで風車を描いた際に学んだのですが、建物は、三角や四角といったシンプルな図形で構成されていることを学びました。建物のほとんどは、このようなシンプルな図形の組み合わせであり、遠近法の効果が発揮されやすいのです。

 

奥行きを出す色の塗り方

奥のものから手前へと塗っていくとよいです。

この順番が逆だと、境界がぼんやりとしてしまいます。こうなると、どちらが奥か手前かわかりにくく、平面的な印象になってしまいます。

 

塔の屋上の壁の秘密

お城や塔の屋上の壁に、葉のように凸凹と隙間を作ってある理由は、わかりますか?

敵が攻めてきた際に、弓兵が隙間から攻撃したり壁に隠れて防御するためなのです。

 

 

以上で、7回目の応用レッスンは終了です。

次回、「新絵心教室」最終回!!