ぺんぎん村での日々

イラスト・写真・ゲームを中心とした日々

【パート8】3DS 新絵心教室でさらに絵の練習して上達をめざしてみた

 今日も、3dS絵心教室の応用レッスンをやっていきます。

今回で応用レッスンは5回目。

うまくなってきているのか…?正直よくわかんない。

 

 さて、今回の作品はこちら!

「花」

f:id:drawdraw:20151107173412j:plain

この絵も小さくすると、それっぽいので小さくしてみます笑

f:id:drawdraw:20151107173412j:plain

 

この絵を描くステップ

 

ステップ1.背景を描こう

背景の布の、折り目によってできている影を描く。

背景の布の、明るい部分を塗っていく。

光と影の部分をなじませて、柔らかい、シルクのような効果を出す。

 

ステップ2.茎と葉っぱを描こう

緑色の長い茎と葉っぱを描く。ここでは、緩やかに描く。

丸い葉っぱを描く。動きをコントロールして小さく描くようにする。

青緑色のパステルを使って葉っぱに青の色相を足す。

 

ステップ3.花を描こう

オレンジ色の花を描く。短い、表現力のある曲線で形を作る。

同じ要領で、赤色の花と実を塗る。

細い線で暗めのピンク色の花を描いていく。薄いピンク色の花の輪郭も描く。

上の方にある、薄いピンク色の花を塗る。輪郭線が少し見えるようにする。

また、同じ色で実にハイライトを足す。

 

ステップ4.ディテールを足そう

小さい、明るい緑色の花や葉っぱ、茎を足す。

黒のパステルを使って、葉っぱや茎に影を描く。

また、同じ色を使ってオレンジ色の花、赤色の花の中心部分を塗る。

 

ステップ5.花びらに色を足そう

暗いオレンジ色のパステルを使って、オレンジ色の花に色を重ねる。

中くらいの光が当たっている部分に短い線で色を重ねる。

暗い赤色のパステルを使って、オレンジ色の花にもう少し色を足す。

赤みのあるピンク色のパステルを使って一番上にある、ピンク色の花にフリルのような輪郭線を描く。

同じ色のパステルを使って、赤色の花に少し色を足す。

 

ステップ6.仕上げをしよう

薄い黄色のパステルを使って、オレンジ色の花の一番明るい部分を描く。

短く素早い動きで線を描いて、白を足す。

 

ビンス先生からのアドバイス

 

同時対比

色が2つ並んでいるときに、お互いに影響しあうことを同時対比といいます。

これは、補色同士の組み合わせの時に一番強烈になります。

今回の作品では、鮮やかな赤色やピンク色の花びらが、緑色の葉っぱと並んでいる部分が、それに当たります。

 

 

 さて、 応用レッスンも半分以上を終えて、ビンス先生のアドバイスが少なくなりました。

ビンス先生のネタも切れてきたのか…?

残るレッスンは3つ。

WiiU「じっくり絵心教室」が発売される前に、応用レッスンを完了させることができそうです!