ぺんぎん村での日々

イラスト・写真・ゲームを中心とした日々

【パート1】3DS 新絵心教室でさらに絵の練習して上達をめざしてみた

3DSソフト『新絵心教室』の入門コースの9つのレッスンを一通り終えたところで、

さらに入門コースのミニレッスンをやってみました。

ミニレッスンは入門コースのレッスンで覚えた技を、比較的少ないアドバイスでやる感じになっています。全部で7つのミニレッスンがあるので、それを終わらせることを次の目標とします。

まず、1つ目と2つ目のミニレッスンをやり終えました!

 

1つ目の作品は、「マッシュルーム」。

f:id:drawdraw:20151101230350j:plain

鉛筆でのレッスン。

使った色は、赤、白、黒の3色。

ちなみに3色使ってデッサンすることをフランス語でトロワ・クレヨンというそうです。トロワ・クレヨンのデッサンでは、白を引き立てるために、中間色の紙を使います。

すでに、線画やハッチングについてレッスンを受けました。これらを使って、マッシュルームを描いていきました。

 

ビンス先生(絵心教室のキャラクター、レッスンの先生)いわく、

1. ハッチングの線を細かくすればするほど色は濃くなっていく!!!

2. 形に沿ってハッチングすると立体感が出る!!!

の2点は、絶対に覚えろ!!!ということらしいです。

 

レッスンの流れは、こんな感じ。

1. 赤茶色の紙に黒鉛筆でスケッチ

2. マッシュルームの下に影をつける

3. 茶色の色鉛筆でマッシュルームの表面にハッチングを加える(マッシュルームの形に沿ってハッチングする)

4. 黒鉛筆を使って、ディテールを加える

5. 白鉛筆でハイライトを入れる

 

2つ目の作品は、「アボカド」。

f:id:drawdraw:20151101230356j:plain

今回は、アボカドの緑色と補色の関係にある赤いテーブルクロスを使っています。

レッスンの流れは、

1. グリッドを表示して丸筆(小)で輪郭線を描く

2. 主な部分を大雑把に塗る

3. 暗い影をつけて立体感を出し、光の方向を表現する

4. テーブルクロスとアボカドの果肉に当たっている光を表現する

5. 何もつけていない乾いた筆で果肉と種の色をなじませる

6. 丸筆(小)を使ってアボカドの皮の輪郭を描く

7. 淡い緑色を使って、アボカドの果肉、皮、種にハイライトを入れる

 

ここでも、ビンス先生は、

1. 絵筆につける絵の具の量を変えると、より筆をコントロールしやすくなる!!!

2. 絵の具の水の量を変えると透明度が変わる!!!

の2点は、絶対覚えろっ!!!と言ってました。

 

あと、どうでもいいですが、

「アボカド」のことを「アボガド」って言っちゃう人!!!

英語でのつづりは、「avocado」。

明らかに、「カ」です。どう見ても、「ガ」にはなりませんから!!!

私もよく間違えるんですけどね!!!

 

 

残りのミニレッスンは、5つ。頑張っていきましょい。